事業案内

ホーム » 事業案内 : 建設関連事業 » 土木関連 » 盛土資材

盛土資材

商品一覧

テールアルメ工法

土中にストリップ(リブ付帯鋼)を層状に埋め込み、摩擦力により高い垂直盛土を作りだす補強土壁工法です。
工場で製作された一定品質の部材を組み立てるプレハブ工法なので、熟練工や特殊な技法を必要とせず、従来の擁壁に比べ低コストで大幅な工期短縮が図れます。

他にも従来のテールアルメ工法の緑化を可能とした緑化テールアルメ工法や省力化・省資材化による工期短縮・デザイン・シンプル形状を追及したスーパーテールアルメがあります。

盛土補強・軟弱地盤安定材

合成樹脂性の網目状補強材を盛土内に敷設、土を強固に一体化し、盛土を築造します。
使用する盛土については現地発生土等、広範囲の盛土材を適用が可能です。
また超軟弱地盤の表層安定や軟弱地盤上の構造物の荷重を分散し、不等沈下を防ぐのに有効です。

用途 補強土緩工法(急勾配盛土補強工)
一般高盛工法(緩勾配盛土補強工)
敷網工法 ジオセル工法

軽量盛土工 EPS工法

大型の発泡スチロダイアブロックを盛土材として使用しています。
超軽量性・自立性・耐圧縮性・施工性などといった特徴をもち、軟弱地盤や地すべりなどの地盤強度の小さいところの荷重低減対策として利用されています。
ほかにも土圧軽減工法として、急傾斜地の盛土や盛土の拡幅にも有効です。

軽量盛土工 ウォールブロック工法

ウォールブロック工法とは、EPS軽量盛土工法用のEPSブロックの一面に、無機質の軽量モルタルを直接複合積層した壁面材付きEPSブロックです。
従来のEPS軽量盛土工法と違いH鋼と壁面材が不要です。
積み上げるだけで壁面を構成することができるので、工期短縮とコスト削減が可能となりました。