事業案内

ホーム » 事業案内 : 建設関連事業 » 法面防災関連 » 法面補強

法面補強

商品一覧

グラウンドアンカー工・鉄筋挿入工

グラウンドアンカー工・鉄筋挿入工は、法面において岩盤に節理、亀裂等があり、崩落または崩壊する恐れがある場合、あるいは比較的締まった土砂の法面や斜面で崩壊する恐れがある等で抑止力を付与する目的で用いられる工法です。必要抑止力の程度や、現場条件に応じてグラウンドアンカー工と鉄筋挿入工を使い分けます。
その際、効率よく斜面安定化を図る為、各種受圧板を併用します。

スーパーダグシム工法

スーパーダグシム工法は、鉄筋挿入工の一部であるが、削孔方法及び部材を研究改良し、鉄筋挿入工では対応不可能であった削孔長最長15mまで対応可能となりました。(削孔と同時に先端ビットから、セメントミルクを回転噴射し、同時削孔注入を行う事により、崩れやすい地山の孔壁の崩壊を防ぐ事により、削孔可能長さを延ばす事が可能となっています。)

EPルートパイル工法

EPルートパイル工法は、自然斜面や地山が崩壊するのを防ぐための補強工法です。ルートパイルとは木の根を意味し、鉄筋を芯材とする直径10cm程度のモルタル杭を補強材として、木の根のように土の中に数多く挿入し地盤を一体化させます。

ノンフレーム工法・TFF工法

ノンフレーム工法・TFF工法は、法切や樹木伐採を可能な限り行わずに施工しますので、施工後も元々の景観・環境が維持できます。CO2削減や、生物多様性保全にも貢献します。
斜面を改変せずに施工するため、樹木伐採や切土・法面整形、植生工といった工程が不要です。しかも二次製品の支圧板を用いますので、工期短縮・コスト縮減が実現できます。
切取土砂(残土)や伐採木の搬出作業がありません。しかも小型機械で施工できるので、 搬入路が設置困難な現場でも施工できます。

SGフレーム工法

SGフレーム工法は、主に法面緑化などに用いられる法枠形成フレームです。法枠梁の裾部分にエキスパンドメタルを使用しているため、従来の簡易吹付法枠工と比べ、施工時にモルタルコンクリートの流出を防ぎ、法枠規定寸法に形成しやすいという特徴があります。

ジオファイバー工法

ジオファイバー工法は、砂質土と繊維を混合した連続繊維補強土にあり、擬似粘着力の付与により、せん断強度が大きく粘り強い土構造物が法面を保護します。