会社案内

ホーム » 会社案内 » リスク管理方針

リスク管理に関する基本方針

 昨今の当社グループを取り巻く経営環境は不確実性が増し、リスクは年々多様化しており、リスク管理体制のさらなる強化が求められています。
そのため、当社グループは、事業を継続する上で想定される様々なリスクについて、その発生の防止及び発生した場合におけるグループ全体に与える影響・損失の最小化を図るために、次に示す方針のもと、リスク対応を適宜・適切かつ継続的に実施していきます。

行動指針

  • リスクアセスメントにより認識したリスク対応へ、計画を立案する。
  • 計画実行へ、運用体制の確立と社内周知の徹底を図り、確立した運用体制の効力や社内定着についてモニタリングすると共に、新たなリスク要因の洗い出しを含め、運用状況の見直しを行う。
  • 新たなリスク要因や運用状況の見直しを反映した改善策(規程、役割分担、業務手順、等)を策定し実施する。

リスク管理体制

 当社グループでは、社長を最高責任者とし、経営管理本部コンプライアンス室がリスク管理委員会を主催する体制を構築しています。
 リスク管理委員会では、各種リスクを所管する部門からの情報共有およびモニタリング結果の報告を行います。 グループを取り巻く各種リスクを委員会にて分析することでグループへ与える影響等を統括管理し、総合的なリスクマネジメント活動の推進により、グループの発展に貢献していきます。

【リスクマネジメント体制図】

重要リスクの認識

  • コンプライアンス意識の徹底
     当社グループでは、「カンリュウグループ コンプライアンス・マニュアル ~私たちの行動基準~」を制定し、コンプライアンスは事業活動の大前提であり、事業継続において最優先されるべきという方針をグループでの共通認識としています。
    グループ全体のコンプライアンス意識醸成に向けた対応として、定期的なコンプライアンス研修を実施しています。 また、グループにおける内部通報窓口(ホットライン)として、社内・社外窓口双方を設けており、不正行為等の早期発見と是正を図り、コンプライアンス経営の強化に取り組んでいます。
  • 【コンプライアンス体制】

  • 情報セキュリティ対策
     当社グループでは、制定している情報セキュリティ基本方針に則り、情報通信社会を構成する一員として情報セキュリティの重要性を正しく認識し、事業活動における情報の適切な取り扱いに努めます。
    当社の情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えます。
  • 反社会的勢力への対応
     当社グループでは、「カンリュウグループ コンプライアンス・マニュアル ~私たちの行動基準~」において、社会的秩序や企業の健全な活動に悪影響を与える個人・団体とは一切関わらないことを基本とし、反社会的勢力による経営活動への関与の防止や、そうした勢力による被害を防止します。特に不当要求等に対しては毅然とした態度で臨み、一切の関係を排除します。

日本乾溜工業株式会社
代表取締役社長 兼田 智仁